読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手づくりがとにかく安い!婦人之友社

おすすめ
今回は弟家族へプレゼント。少し前の出版になりますが、愛育病院小児科部長の岡本曉先生監修で、雑誌などとは違う、普遍的で間違いのないポイントを全体像から説明し、月齢に沿ってのQ&Aも網羅した本です。すごくいい本だそうで喜ばれました。

コスパ最強と噂の♪

2017年03月13日 ランキング上位商品↑

手づくり 婦人之友社母乳と手づくり離乳食 [ 婦人之友社 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

絵柄や写真が時代を感じさせます。離乳食の本を探していてこの本を買ってみましたが!出産前から読んでいれば・・・とわかりやすく!子供の成長のことも出ていて良かったです初めての出産で!この本を含む「育児ライブラリー」セットを母から贈られ!ずっと愛読していました。96年の第2刷版を持っているので!以後!改訂版とか新刊はないのかな?と探しましたけど変わってないようです。この本以外のやり方でいいものもたくさんあったので、美味しいところどころをして読み、本の内容を完璧にこなそうとしないことをおすすめします。薄くて数時間で読んでしまいましたが、ちょこちょこ読み返しています。図書館で借りるか迷いましたが、一冊家にあると安心できる・・・そんな本です。とてもまじめな本で、テキストのような感じの印象も受けましたが、強制的な内容ではなく、読み手を尊重しつつも、大切なことを綴っている印象を受けました。。ママになった娘へ贈りました。新生児〜1才くらいまでの内容が書いてあります。最近の育児本にあるようなカラフルでお洒落な感じではなく、丁寧かつ素朴な印象を受けました。この本があれば他の子育て本はいらないといってもいいくらいです。シリーズでそろえたくなりました!あえて難点を言うならば、少し真面目な本なので、完璧主義者の方には読んでいて疲れる部分があるかもしれません。娘にはじめての子育ての参考書にと思い購入しました。「この本の通りにしなきゃ」と思わないことも重要です。最近のカラフルでお洒落な育児本が苦手な方に向いてます。ていねいに細かく書いてあり、すべては本どうりにはいかなくても、参考書としての役割の本はしっかりしてます。母乳育児や離乳食において大切なことがとても美しい言葉でつづられています。